芸術賞について

Future Generation Art Prizeは、公開性と民主的な参加申請受付(オンライン)に基づいた若手芸術家のための芸術賞です。国際理事会、審査員、選考委員会のサポートのもと、この芸術賞は新世代のアーティストのために世界中のより優れた芸術の代表者を結集しています。
優勝賞金$100 000と新たな活動のための投資は、Future Generation Art Prizeの世界中の芸術家たちへの持続的な支援です。

芸術賞は全世界の60のパートナー・プラットフォームと400の特派員のサポートを得ています。これらは代表部としてコンクールに参加するように芸術家たちに促します。

芸術賞パトロン・アーティスト

Andreas Gursky
Germany
Damien Hirst
UK
Jeff Koons
USA
Takashi Murakami
Japan

国際理事会

Victor Pinchuk
Businessman and philanthropist
Chairman
Richard Armstrong
Director, Solomon R. Guggenheim Foundation and Museum, New York – USA
Eli Broad
Founder, The Broad Foundations, USA
Andreas Gursky
Patron Artist, Germany
Damien Hirst
Patron Artist, UK
Dakis Joannou
Founder, DESTE Foundation for Contemporary Art, Greece
Sir Elton John
Founder, Elton John AIDS Foundation and Sir Elton John Photography Collection, UK
Jeff Koons
Patron Artist, USA
Glenn D. Lowry
Director, The Museum of Modern Art, New York – USA
Takashi Murakami
Patron Artist, Japan
Alfred Pacquement
Director of Musée national d'art moderne, Centre Georges Pompidou, France
Miuccia Prada
Founder, Fondazione Prada, Italy
設立者のビクター・ピンチューク
ビクター・ピンチューク「芸術、自由と創造は社会を政治より早く変化させるでしょう。」

ビクター・ピンチューク氏はウクライナの中で最も実績のある実業家の一人です。彼が民間的や国際的な問題に興味を持つことは、慈善組織に参加することとともに、ウクライナのヨーロッパと世界との協力を促すリーダーとしての活躍の契機となりました。
もっと詳しく
ビクター・ピンチューク氏は1960年にキエフで生まれました。1983年にドニプロペトロフスク冶金大学卒業後、パイプ工業研究開発エンジニアになり、1987年に博士学位を取得。
1990年に、旧ソ連冶金工業の大企業の間でも導入され、好評を得た計画生産技術とパイプ生産においての自分の革新的な研究結果を基礎とし、インターパイプという民間企業を設立する。2006年にEastOneという国際投資・コンサルティング有限責任会社を設立する。EastOneのポートフォリオにはインターパイプと国内外マスメディアにおいての資産を含む20企業と大規模のプロジェクトが含まれている。

ピンチューク氏は1998年から2006年にかけて2回、ウクライナの議会であるヴェルホーヴナ・ラーダに選ばれたことあります。2003年に、ビジネスとフィランソロピー活動に専念するために、政界を引退。

現在、ビクター・ピンチューク氏は12年間以上にわたって、ウクライナにおいて様々な慈善的なプロジェクトの開発と管理に力を注いでいる。2006年にこの慈善活動を、ビクター・ピンチューク基金に統合した。それは、ウクライナ最大慈善組織と認知され、社会福祉の大切な部門において広く知られている。
2006年に東ヨーロッパの最大芸術センターの一つであるPinchukArtCentreを設立する。ピンチューク氏は現代芸術作品収集家としても有名である。
ビクター・ピンチューク氏は2010年4月29日に刊行されたTIME誌に世界で最も影響力のある100人(2010 TIME 100: The World's Most Influential People)の一人として選ばれました。ピンチューク氏はアップルの設立者であるスティーブ・ジョブズ、シンガポールの内閣顧問のリー・クアンユー、新しく任命されたアメリカ連邦最高裁判所裁判官のソニア・ソトマヨル、デザイナーのザハ・ハディッド等という世界中の影響力のある思想家とともに、「思想家」(Thinkers)というカテゴリーで選ばれました。彼は国際政治学会によると、世界におけるウクライナのロビイストランキングで一位を占めます。
また、ビクター・ピンチューク氏はARTnews誌により "ARTnews200 Top Collectors" という世界で最も影響力のある美術収集家ランキング200(2008年から毎年)に選ばれ、ArtReview誌に芸術世界で一番影響力のある人ランキング(ArtReview: 2012 Power 100)に選ばれました:2008年―67位、2009年―53位、2010年―37位、2012年―32位、2013年―38位。

2011年に文化・芸術貢献のためヨーロッパ賞トレッビアを受賞。2013年3月フランスの文化相であるオレリー・フィリペティから芸術文化勲章を受章。

ビクター・ピンチューク氏は2013年2月19日に2010年にビル・ゲイツとウォーレン・バフェットにより始められたGiving Pledge(寄付誓約)という寄付ムーブメントへの参加を告げ、生涯の間、また、死後にも、財産の半分を社会貢献活動に寄付すると誓いました。
ヴィクトル・ピンチューク財団は
ヴィクトル・ピンチューク財団は、ウクライナの独立した私営国際慈善団体です。ウクライナの新世代の可能性を引き出すことで国と世界を変革することを目的として、2006年に企業家で慈善活動家のヴィクトル・ピンチュークによって設立されました。その実現のために財団は、ウクライナ国内と世界中で多くのプロジェクトを企画運営し、パートナーシップを発展させています。2006年以来、財団はウクライナを変革するために1億2500万ドルを拠出しました。

ヴィクトル・ピンチューク財団の主なプロジェクト:全ウクライナ新生児支援センター「希望のゆりかご」;ウクライナ最大規模の個人向け奨学金プログラムZavtra.UA; ウクライナの学生向け国外就学支援奨学金プログラム;PinchukArtCentreは、ウクライナと東ヨーロッパで最もダイナミックなアートセンターであり、若い世代に新しい思考を促すために現代美術を無償で鑑賞することができます。また財団は、ウクライナのヨーロッパの将来と世界を議論する国際ネットワークYES (Yalta European Strategy) を支援しています
財団は、クラウドファンディング・プラットフォーム「ウクライナ慈善市場」をサポートし、ウクライナ社会における慈善活動の発展を促進しています。財団は、欧州財団センターとウクライナの助成団体フォーラムのメンバーです。 またアトランティック評議会、ブルッキングス研究所、トニー・ブレア国際変革研究所、Amicus Europae財団およびその他の非政府組織と協力しています。
PinchukArtCentre
PinchukArtCentre は、ヴィクトル・ピンチュークによってキエフ市に設立され、ウクライナと東ヨーロッパで最もダイナミックなアートセンターです。2018年初めまでにPinchukArtCentre に300万人が入館しました。現在、このアートセンターは現代美術の国際的な拠点となり、ウクライナのアートシーンを発展させ、社会全体にとって重要なパブリック・ディスコースを生み出しています。

10年あまりの間にPinchukArtCentre は、国際的なアーティスト約300人の作品を無償で展示し、新しい思考、知覚、感情へと人々を導いています。これらのプログラムは国際的な課題の中での国家アイデンティティを探求しています。
同時にアートセンターは芸術賞Future Generation Art Prizeと(35歳未満の若手ウクライナ人芸術家向け)PinchukArtCentre 賞を通じて将来世代に投資しています。これにより、同センターは世界中のより優れた若手アーティストのための主要なセンターとなり、ウクライナの新しい世代を鼓舞しています。

2016年PinchukArtCentreは、研究プラットフォームを創設しました。これは1980年代初めから今日までのウクライナにおける芸術ライブアーカイブを作成することを目標とする革新的なプロジェクトです。
誰よりも早くニュースを受け取ろう!