優勝賞金$100 000、世界中の35歳未満の芸術家のための芸術賞

芸術賞について

Future Generation Art Prizeは、芸術の世界において新たな人材を発掘し、次世代の芸術家たちを長期にわたってサポートすることを目的とした現代アート分野での国際芸術賞です。この芸術賞は2009年にヴィクトル・ピンチューク財団によって創設され、二年に一度授与されています。現在に至るまで本芸術賞は、100 名以上の芸術家たちの活動に寄与してきました。その他ノミネートされた人たちに対しPinchukArtCentreでの展示会や2011、2013、2017年のヴェネツィア・ビエンナーレ公式並行プログラムのプロジェクトなどにおいて、新たな芸術活動の創生をサポートしてきました。
ありとあらゆるメディアを使う、世界中すべての国と地域の35歳未満の芸術家たちは、この芸術賞Future Generation Art Prizeへ参加申請をすることができます。選考委員会は国際審査員によって任命され、すべての申請を書類審査し、20名の芸術家を芸術賞ショートリストとして選出します。ノミネートされた芸術家たちにはウクライナの首都キエフ市にあるPinchukArtCentreとヴェネツィア・ビエンナーレの枠内で行われる展示会で新たな活動の機会が与えられます。
審査員は5名以下に特別賞を授与することができます。芸術プロジェクトの発展のため受賞者たちに総額$ 20 000が与えられます。
優賞
特別賞
優賞総額$100 000のうち優勝者に賞金として$60 000が贈られ、その芸術活動に対して$40 000が投資されます。
Future Generation Art Prize 2021 application procedure is over. The shortlist will be announced on August, 2020

日程

Till June 3, 2020
Till June 3, 2020
Applications Accepted
August, 2020
August, 2020
Shortlist Announcement
February - April, 2021
February - April, 2021
Exhibition of Shortlisted Artists at the PinchukArtCentre
March, 2021
March, 2021
Future Generation Art Prize 2021 Award Ceremony
May - August, 2021
May - August, 2021
Future Generation Art Prize 2021 @ Venice

審査員

国際審査員は、PinchukArtCentreで行なわれる展示会に出品された作品の評価のためにウクライナの首都キエフ市に召集され、受賞者を選出します。授賞式では優賞と特別賞が授与されます。
Lauren Cornell
Director of the Graduate Program and Chief Curator at the Center for Curatorial Studies, Bard College
Jacopo Crivelli Visconti
Curator of the 34th edition of the Bienal de São Paulo
Elvira Dyangani Ose
Director of The Showroom,
London


Bjorn Geldhof
Artistic Director,
PinchukArtCentre
Shilpa Gupta
Artist
Ralph Rugoff
Director of the Hayward Gallery and Artistic Director of the 58th Venice Biennale of Art
Eugene Tan
Director of the Director of the National Gallery Singapore and the Singapore Art Museum

選考委員会

選考委員会は国際審査員によって任命され、すべての申請を書類審査し、20名の芸術家を芸術賞ショートリストとして選出します。
Zoe Whitley
Director Chiesenhalе
June Yap
Director curatorial, programmes and publications Singapore Art Museum
Iheanyi Onwuegbucha
Curator CCA Lagos
Jeppe Ugelvig
Critic and curator
Julia Morandeira Arrizabalaga
Researcher and curator
Justine Ludwig
Curator at Creative Time in NY
Daniel Muzyczuk
Head of the Modern Art Department at Museum Sztuki in Lodz

もっと詳しく

ウェブサイトの各言語のプレスキットは、こちらから入手できます。
The prize winner of the Future Generation Art Prize 2014, Zhanna Kadyrova, explains how to extract from the FGAP a unique exchange of experience with other artists and how to not afraid to experiment in the framework of artistic practice
Christian Falsnaes, shortlisted artist for FGAP 2017, tells about his work «Feed» which was presented in Kiev and Venice and advises to all artists to bring their ambitious artwork at Future Generation Art Prize 2019
Phoebe Boswell, Special Award Winner at Future General Art Prize 2017, explains her art philosophy and how the prize enabled her to exhibit at Venice Biennale for the first time
Andy Holden, nominee of FGAP 2017, introduces us to his working space and tells how Future Generation Art Prize provided an opportunity to show his art to the whole world
The 6th edition of the
Future Generation Art Prize
Entries can be submitted online in 2020
誰よりも早くニュースを受け取ろう!